HOME >> ブログ >> 第1回:ブログの趣旨

第1回:このブログについて

(株)Human Edgeの斧出と申します。

これまで、外資系企業である P&G, Universal Studios, Syngenta そしてMcDonaldで人事部門の責任者として長く人事の実務にかかわってきました。私が「21世紀のビジネスで活躍できるグローバルタレントの育成」をビジョンに掲げて、会社を立ち上げたのが2008年の2月でした。その頃はまだ日本のビジネス社会の中では「グローバル化」というのはそれほど大きな課題ではなかったような気がします。

ところが、2010年から突然、あちらこちらでグローバル人材の育成ということが謳われ始め、雑誌やマスコミなどでもいろいろとグローバル化の文字が表れてくるようになり、「なんだ?世の中急にグローバルになったのか?」と思ってしまうほど昨今では「グローバル」という文字が自然になってきました。

ビジネスの世界ではかなり以前から国境を越えてグローバル化が進んでいましたが、「人と組織」にかかわる人たちの間で「グローバライゼーション」とか「グローバルで活躍できる人材」にスポットライトが当たり始めたのはまだほんの数年ほどのことではないでしょうか。では「グローバルで活躍できる人材の育成」とは具体的にどういうことなのでしょうか?

今後、このテーマを何回かここでとりあげることにして、

1.グローバルで活躍できる人材の育成をこれから促進したい
2.グローバル化はわかっているけれど人材や組織をどのように構築すればよいかよいかわからない、

といったことで悩んでいる方々に有益な情報を提供したいと思います。

それでは、次週にご期待ください。