HOME >> ブログ >> 第5回:グローバル人材の必要性について(2)

第5回:グローバル人材の必要性について(2)

グローバルで活躍できる人材を多く育成している企業は将来的には圧倒的な競争優位力を持てることになります。私のP&Gの経験でも「たった一人のオランダ人のCEO」がP&Gジャパンの業績を大きく好転させた事例がありました。

このオランダ人社長は、当時としてはちっぽけであったP&Gのオランダに入社し、日本のP&Gには1983か1984年ごろに赴任してきました。(正確な年代については記憶が正確ではありません)最初はマーケティング本部長でしたが、後に日本P&Gの社長になり、その後米国本社のCOOになった人です。

彼はヨーロッパの国々で異文化の環境下でビジネスを行う難しさや重要なことを身に付けてきたのでしょう。当時の日本P&Gは「全温度チアー」が有リン問題で低迷し、パンパースもユニチャームの「ムーニー」にシェアを奪われて夢も希望も無い状況でした。こういった環境の下で彼が取った行動は

○ミドルマネージャーの入れ替え
○新卒採用活動の強化
○日本P&Gとしての共通の目的と価値観の創造
○米国本社との強力なパイプとサポート
○現地人(この場合は日本人スタッフ)へのデリゲーションと信頼
○組織的ヒエラルキーの破壊
○得意先との戦略的同盟の構築

これ以外にも多くの事を試み、また失敗もしましたが彼ほど現地人スタッフを信頼し、ビジネスの世界では日本人あるいは外国人に係わらず、同じビジネスピープルとして共通の目的に進んでゆく事がいかに大切であるかを教えてくれた人はいないと思います。

国境を越えてビジネスを実践することの難しさと、でもビジネスをおこなうことに必要な共通のコンピテンシーや行動には国境はないことを理解していたからこそ、現地スタッフの支持を受け、現地スタッフの能力を最大化する事ができたのだと思います。