HOME >> ブログ  >>第20回:海外洋上研修(1)

第20回:海外洋上研修(1)

本来ならば、今回からはグローバル化への第3のステップにはいる予定でしたが、先日、日本能率協会が開催する「海外洋上研修」に講師として参加してきましたので、このことについて今回は話したいと思います。

洋上研修

私は「アドバンスリーダーシップコース」を担当いたしました。クラスの参加者は約50名ほどでした。様々な企業からお集まりになった方々ですが、なんと女性の参加者がたったの1名でした。他のコースも同じくリーダーシップを教えていたのですが、「変革のリーダーシップ」には10名ほどの女性の参加者がいたのではないでしょうか。

「アドバンス」という言葉で敬遠された感じがないでもないですが、それにしても、日本では上級の管理職に女性が付くことの難しさを改めて感じました。あと、5~10年のうちにはもっと多くの女性管理職が参加して欲しいものです。企業のグローバル化の条件のひとつに、「ダイバシティを活かす」ということがありますが、ダイバシティどころか、女性の管理職化もまだまだ先のようですね。

さて、洋上研修というくらいですから、研修は船の上で行います。実際船といっても、13階建ての巨大なマンションの様な船で「スーパースターバーゴ」という豪華客船なんです。もちろん船の中には、ウォータースライダーのついたプールがあり、劇情が4ヶ所ほどあり、映画館もレストランもそしてディスコもあります。そして、なんとそのディスコが私のクラスだったのです。

わずか3日間の研修の船旅でしたが、結構楽しいことも有りましたので、そのへんを次回ご紹介したいと思います。