HOME >> ブログ  >> 第30回:2012年5月のトピック

第30回:2012年5月のトピック

グローバルビジネススキル公開セミナー(5月22日)

今回は「プレゼンテーションスキル」のセミナーでした。参加者は合計で13名とやや少なめでしたが、プレゼンセミナーは個人の発表が多くなりますので、人数は10人前後がベストですね。

結局おひとり3分間のプレゼンを5回ほど練習することになり、通常のプレゼンの練習の他に、ボディランゲージの使い方や、ストーリーの作り方などを覚えていただきました。最後のプレゼンでは、まさに「使用前」と「使用後」ほどの違いが確認されて皆様有意義な1日を送っていただけたと思います。皆様の評価も非常によくて高い評価をいただきました。

「グローバルビジネススキル公開セミナー」は次回の6月12日が前半の最終回となります。皆様のお申し込みをお待ち致しております。

講演:時間は有限、工夫は無限(5月16日)

KDDI様の労働組合の方々を対象として、90分の講演をしてきました。テーマは「時間は有限、工夫は無限」です。参加者は新宿の会場への参加は40名程でしたが、仙台支部の方々もテレビ中継で10名ほどご参加いただいていたようで合計は50名程でした。

内容は以下の通りです。
1.時間泥棒を探して退治しよう
2.スケジュール管理を効果的に
3.優先順位の付け方
4.先送りのくせの治し方

参加者の方々の評判も非常に良く、事務局の方には大変喜んでいただきました。

2012年5月16日講演

講演:会議術(5月7日)

ある大手メディア関連の企業様で、150名の新入社員を対象に「会議術」を2時間で講演しました。

皆さん非常に積極的で、グループ討議の後で発表したいグループに発表してもらったのですが、最初は37グループ中で手を挙げたのはわずか5チームでした。ところが、最後のグループ討議の発表には25チーム程が手を挙げてくれて、非常に活発になりました。

キーのメッセージは「会議を主催するにしても、参加者として参加するにしても、会議は自分の才能を示す絶好のパフォーマンスの場だ!」ということです。

多くの新入社員の皆さんがフレッシュな感性で積極的に会議に参加されることを願っています。

セミナー:クリティカルシンキング(5月2日)

公開コースとして、グローバルビジネススキルセミナーを開催いたしました。参加者は合計18名で、今回のテーマは「クリティカルシンキング」です。ゲームを多く使いましたので大いに盛り上がりました。

クリティカルシンキングというのは「日々のビジネスの中で、物事をより論理的に精査することによって、より精度の高いアウトプットを導き出そうとする行為」のことです。物事をクリティカルに捉えるためには「論理的思考」と「戦略的思考」がベースとして必要ですが、よくある、「完璧なMECE」や「ロジックツリー」を作るわけではありません。

P&Gで培われた「本当の目的は何?」「ベストな戦略なの、他にはないの?」「理由は明確なの?」といった、実践的な問いかけを行うことにより、論理性を磨くアプローチです。