HOME >> ブログ  >> 第33回:2012年8月のトピック

第33回:2012年8月のトピック

7月は怒涛の研修ラッシュで、14日間の研修と3日間のエグゼクティブコーチングを実施いたしました。途中、風邪のため声が出にくくなったりしたハプニングもありましたが、何とか無事に乗り切ることができました(医者からは1週間声を出すなと言われましたが・・そんな無茶な~と言ったら、きついお薬をだしてくれました)。

さて8月に入っても研修ラッシュは続いており、8月1日から5日の土曜日まで毎日研修でした。

研修:「リーダーシップと人材育成」(8月4日)

大手文具メーカー様で「次世代リーダー育成」のための「リーダーシップと人材育成」を実施しました。部長、役員が中心でしたが、変革の真っただ中で High Performance Organization を作るために必要なことを気づいていただけたと思います。

研修「High Performance Team の運営」:(8月3日)

大手商社の課長代理クラスの方々を対象に High Performance Team の運営に課長代理としてどのようなかかわり方(行動)ができるのかという落とし込みをいたしました。みなさん真面目に取り組んでいただき有意義な時間を提供できたのではないかと思います。

研修:「クリティカルシンキング」(8月1日と2日)

大手ビルメンテ会社様でクリティカルシンキングの2回目を実施しました。宿題で、あるケースのSWOT分析に基づく中期企業戦略とアクションプランのプレゼンをお願いしていましたが、みなさん素晴らしい内容でした。

 

8月はいろいろなことが起こりましたね。ロンドン五輪では日本で史上初のメダル数を獲得したり、そのおかげで少し注目度が下がったような気がしますが、甲子園の高校野球があったりで忙しい日が続いています。

おかげ様でHumanEdgeもとどまることを知らず、研修ラッシュが続いています。

研修:「人を動かす効果的なコミュニケーション」(8月14日)

千葉の生協パルシステム様で副センター長の方々を対象に「人を動かす効果的なコミュニケーション」をストーリーマップでおこないました。前半は1ヶ月前に行った「リーダーシップ」の振り返りだったのですが、皆様、職場でしっかりと上長との話し合いを持っていただけたようで大変有意義な時間だったと思います。

コミュニケーションについては「相手に話続けてもらうための誘導のスキル」「ミラーリング」「心地よい質問」など小森康光さんの「スベらない商談力」をベースに行いました。

研修:「Influencing Skills」(8月9日と10日)

大手外資系消費財メーカーのU社で「Influencing Skills」を実施しました。これはもともとのオリジナルのコンテンツが英語でできているので新しい切り口もあれば、日本人には少しわかりにい部分もあるプログラムです。

ただ、内容的には非常に実践的で、非管理職の方を対象としています。

このプログラムは「影響力によるリーダーシップ」をより行動面に落とし込んだプログラムですので、結局はリーダーシップの育成プログラムですね。

参加者の皆さんにはいろいろと使えるヒントがあったのではないでしょうか?

公開セミナー:「実践コーチング」(8月7日)

グローバルビジネススキルセミナー(公開セミナー)です。コースは「実践コーチング」です。12名の参加でしたが、皆さん積極的に参加していただき大変スムーズに進みました。最後のコメントで「今までコーチングを勘違いして小手先のテクニックに走ってました」と言うかたがおられて、このコースの本質を理解していただいたと理解できたのが印象に残っています。