HOME >> ブログ  >> 第39回:2013年2月のトピック

第39回:2013年2月のトピック

昔から2月は逃げ月といいますが、本当にその通りだと思います。ついこの間、新年を迎えて、もう2月と言っていたのに、あっという間に3月になってしまいました。明日は「ひな祭り」ももの節句です。

三寒四温とはよく言ったもので、本当にこの頃は温かくなったり、急に寒くなったりで、体がついていくのがやっとの状態です。おかげさまでまだ今のところ、風邪やインフルエンザにはかかっていませんが、皆様もどうか体調にお気を付けください。

さて、2月の活動については、時系列で以下に示しておきますが、研修の日程が集中していましたので忙しい月でした。

研修「実践クリティカル思考」(2月27日)

機械メーカーのF社さまで、「実践クリティカル思考」の研修を行いました。今回は将来このプログラムを導入に向けて検討するための「お試し企画」として実施いたしました。
おかげさまで、新しいクリティカル思考のストーリーマップも大変好評でした。
マップのサンプルは以下を見てください。

<クリックすると拡大されます>
クリティカル思考

講演「時間管理・・ワークライフバランスを実現する」(2月23日)

栃木県にある足利銀行さまで、「時間管理・・ワークライフバランスを実現する」を実施しました。2時間の講演でしたがストーリーマップのおかげでしっかりと全体を説明することができました。御礼に以下の写真をいただきました。

ワークライフバランスセミナー

ワークライフバランスセミナー

研修「ダイバシティ推進のためのメンター研修」(2月22日)

大手精密機器メーカーのR社さまで、「ダイバシティ推進のためのメンター研修」を行いました。日本企業では珍しく本気で多様性の推進に取り組んでいる企業様で、参加者の方々の意識も非常に高かったです。

研修「リーダーシップ」(2月21日)

システム開発企業のF社さまで、リーダーシップの研修を行いました。ここでの研修はチームCANをベースに行いますが、当日の確認テストとフォローアップの充実している研修プログラムです。研修後の懇親会で社長様といろいろとお話をさせていただきました。大変気に入っていただけたようで継続が決まりました。

研修(2月19・20日)

大阪の羽曳野市の課長職級の研修を2日間で約70名の方々に行いました。最初はなんとなく嫌々で参加さえていた方々も終わりのほうでは積極的に参加いただけるようになり大成功でした。

研修「リーダーシップ」(2月7・18日)

大日本住友製薬さまで「リーダーシップ」の研修を行いました。毎年行っている研修なのですが、参加者の皆様のレベルとモチベーションの高さに感激します。おかげで私のモチベーションも大盛り上がりです。

研修「リーダーシップ」(2月14日)

大手鉄道会社さまの「助役」の方々を対象として行いました。テーマはリーダーシップです。決められたことを正しく、効率よく行うにはリーダーシップが必要であるということを理解していただけた研修でした。

研修「商談力を上げる」(2月13日)

エスエス製薬さまで「商談力を上げる」コミュニケーションスキルを実施しました。スキルを分解してわかりやすく伝えることが重要なのですが、参加者の皆さん、普段自分たちが使っているスキルが、どのような意味を持っているのかを理解していただけたようです。フォローアップで「実践成功例」を出してもらいますので楽しみです。

研修「時間管理」(2月6日)

大手ガス会社さまで「時間管理」を行いました。時間泥棒を探して退治する、などこれまであまり取り組んでこなかったことを演習でおこないましたので皆さん熱心にご参加いただきました。「ぜひ全社的に展開すべきだ」というコメントが大変心地よかったです。

講演「リーダーシップ」(2月5日)

大手デパートの組合員の方々を対象として「リーダーシップ」の講演を行いました。組合員の方々から「リーダーシップ」の講演依頼を受けるの非常に珍しいことです。しかし、本来リーダーシップは誰もが持っている能力ですから、今後もどんどんこのような依頼が増えるように頑張ります。