HOME >> 若手・中堅社員のためのキャリア開発

若手・中堅社員のためのキャリア開発

これまでのキャリア開発プログラムは夢を描くだけで終わっているケースが多かったのですが、このプログラムでは上司のサポートを得ながら若手社員が自分の力でキャリアを切り開いていけるような実践的な研修になっています。(資料をご参照ください)

若手の「影響力の開発」と「上司の部下育成に対するマインドの醸成」には不可欠なプログラムだと思います。

キャリア開発は重要な人事戦略

組織におけるキャリアは、経済活動や社会的な価値観に大きく影響される。1960年代の高度経済成長期には「働き手不足」という社会的な背景もあり、典型的なキャリアとは「終身雇用」が当然であり、キャリアを考える必要もない時代だったかも知れない。しかしながら、1991年以降、低成長時代に入り、昇進という縦のキャリアに閉塞感が出るようになった。

また中途採用の市場が開拓されたことによって、企業は有能な人材の流出という新たな課題を抱えることになった。

一方で、多様性がビジネスの拡大に貢献することから、女性や海外からの社員の活躍を推進しなければならないという必要性もでてきた。ではどのようにすれば、キャリア開発・人材の保持・多様性を活かせるようなキャリア開発プログラムが推進できるのだろうか?

夢を描くだけのキャリア開発プログラムでは意味がない

私たちが提案するキャリア開発プログラムは、上司と個人との効果的な対話とパートナーシップの構築を通じて、個人のキャリア開発力を向上させることです。

●キャリア・クエスト プログラムの特徴
1)キャリアの3方向(上・横・センター)概念
2)個人の強み・改善点に対する上司からのフィードバック
3)上司への報告と対話 プランニングシート

キャリア・クエスト 若手・中堅社員対象 1日研修

●午前
講師の自己紹介
参加者によるネットワーキング(リーダーシップを発揮するには誰を知っているかが大切)
事前課題のレビュー(スティーブ・ジョブスのスピーチから何を感じたか?)
キャリアとは何か?キャリア開発の考え方(キャリアの3方向・キャリアアンカーの考え方)
エンゲージメント Xモデルの説明(キャリア開発の重要なステイクホルダーは?上司)
今の自分はどこから来たのか(今の自分の価値感や行動に影響を与えたことを分析)
スキルアセスメント分析(上司と自分の点数を比較・分析)

●午後
スキルアセスメント継続(上司とのキャリア開発ダイアログシート作成)
ダイアログシート説明の演習(ペアでプレゼンテーションの疑似体験 FBをもらう)
自分自身の価値観を明確にする(自分の満足度を向上させるのは何かを明確にする)
影響力を向上させるスキル1(アンビジョン<個人のこうなりたいという強い想い>)
影響力を向上させるスキル2(ストーリーテリング)
影響力を向上させるスキル3(聴く・共感するスキル)
まとめ

キャリア開発は夢を描くことではない!

  • 上司にキャリアの扉を開けてもらうためのフェアーなパートナーシップ
  • キャリア開発できる能力をつけること

開発というのは自分自身で切り拓くことなので、そのための考え方やスキルが必要となる。

- それではどのような考え方が必要なのか?
- どんなスキルが必要なのか?

キャリアの3方向

●縦のキャリア
組織内で役職などに代表される序列のハシゴを縦に上る

●横のキャリア
個人は何ができるのか?プロフェッショナルな専門領域の幅を示す

●センターのキャリア
組織内で役職などにあるわけではないが、その専門性の深さと経験などにより組織内で一定の影響力を持つ

どのようなスキルが必要なのか?

他者を巻き込む影響力

1)ビジョン(自分自身のアンビション・目標)を描く力
2)コミュニケーション力で他者を巻き込む力
3)物事をクリティカルに検証し戦略的に考える力
4)自分のパッションを伝える

力エドガーH.シャイン 「キャリアアンカー」より

キャリアを切り拓くには?

  • 上司のサポートが必要
  • スキルアセスメントは上司と本人が行い、自分の強み・改善エリア・上司とのギャップを認識する
  • 研修後3日以内に必ず上司へFBの報告を行う

資料のダウンロード